• 小学部案内
  • 中学部案内
  • 個別指導案内
  • スタッフ紹介
  • 講師のつぶやき
  • リンク

トピックス&最新ニュース

くま塾

 2004年4月、くま教育センターと塾工房京都が合流しました。
「一人ひとりを丁寧に見ていきたい。」「頑張る子どもを創り上げたい。」「先取り、テクニック、詰め込みに走らない、新しい理想像(かたち)の総合進学塾を提案したい。」そんな願いを込めた、幼児教育と中学受験のプロ集団が一つにまとまったのです。
学年毎に40名の定員を設け、預かるからには責任を持つ、責任を持てない人数は預からないという、スタート当初のコンセプトを守り続けています。担当講師は、全人格で子どもたちのやる気を引き起こし、勉強に向かう姿勢を創り上げ、なによりも、勉強大好き、先生大好き人間になっていただくことを、第一目的とします。担当講師は「担任」として、教科のことだけでなく、体力作りや遊びも含めて、人間の先輩として子どもたちに相対します。
小学1年生・2年生・3年生は勉強に対する興味付けと勉強に対する躾の定着を第一目的とします。勉強が面白いからもっと頑張る、勉強が分かれば嬉しいからもっと頑張る生徒になって貰うための指導をしていきます。
小学4年生は受験のための基礎学力の定着を第一目的とします。読解力・語彙力・計算力の構築を前提とするだけでなく、出来れば武器となるべき得意科目を持つ生徒になって貰うための指導をしていきます。
小学5年生では受験に必要な全知識の習得を第一目的とします。全範囲を網羅するカリキュラムを組み、まずは受験に必要な全体の構図を掴める生徒になって貰うための指導をしていきます。
小学6年生では様々なコースに分かれ、中学受験のハードルを乗り越え、あるいはきちんとした学力を身に付けて、中学校に進んでいただくことを第一目的とします。何度もスパイラルのかかるカリキュラムを用意し、中学校に進んでから存分に力の発揮できる、また中学校に進んでからも努力することのできる生徒になって貰うための指導をしていきます。
中学生は自分で勉強の計画・実践・チェックができるようになることを第一目的とします。定期テストや受験勉強の実践をサポートし、その都度その都度のハードルを越え、成績向上の楽しさを体得していただくための指導をしていきます。

 このように、私たちは学年毎に違った考え方、違ったコンセプトで生徒たちを指導しています。

Page Top